FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-03-18

インドネシア便り第40回 丸亀製麺がジャカルタに上陸

 さぬきうどんの日本最大チェーン店「丸亀製麺(本社神戸市)」のインドネシア第1号店が2月14日ジャカルタにオープンした。初日は予想の2倍の700人以上の客が本場さぬきのセルフうどんを体験し、サイドメニューのてんぷらも好評だった。インスタントラーメンの消費量が世界有数のインドネシアには麺好き多いため、「さぬきうどんブーム」が訪れる可能性も秘めている。

笑顔とお辞儀
 春節の飾り付けが残る西ジャカルタのショッピングモール「タマン・アングレック」の3階には、日本風の黒い瓦屋根と白壁の店舗に長い列ができていた。自分でお盆を手に取りうどんを注文し、レジまで進む数分間に、湯気の立つ大きな釜でうどんを茹でる職人、てんぷらを揚げるようすが間近に見える。多くのインドネシア人にとって珍しいうどん作りの厨房内を見るのは初めての体験だろう。店員はインドネシア人らしい笑顔と日本式のお辞儀でお客を迎えている。うどんを通して新しい日本の文化がジャカルタに上陸したことを実感できる店だ。

満員の店内


レジを過ぎると天かすやおろし生姜など薬味を自由に入れる場所がある。そこには他の店にはないチャベ(唐辛子)を小さく刻んだ容器も置かれている。ほぼすべてのお客さんが、白いうどんが隠れてしまうほど赤いチャベをたっぷり乗せていた。そして座席に運びテーブルに置いてある七味唐辛子を大量にふりかけ、赤く染まった出汁をすすっている人が多かった。
「辛くないですか」と質問したら、「サンバル(チリソース)は置いていないのですか」という答えが微笑みとともに返ってきた。うどんを超激辛にして食べる食文化に、私は強いカルチャーショックを受けた。味覚の落差に驚いたが、「麺がつるっとして美味しい」という感想に救われた。

チャベをかけたうどん チャベを切り刻む


「うどんの値段は高くない」
一番安いかけうどん・釜揚げうどん・ざるうどんが、税込みで3万3000ルピア(約320円)。日本での280円より少し高いが、「ショッピングモールにある他の料理と変わらない値段」という人が多かった。「ひとつ1万ルピア程度のてんぷらは安い」ともいう。この日、えび天の売り上げが他のてんぷらに比べダントツの一番人気だった。
うどんでは肉うどん(45万ルピア)の注文が他のうどんを大きく引き離していた。インドネシア人はこれまで日本の牛丼の肉に親しんでいるからかも知れない。
とはいえ、うどんとてんぷらを数個取れば日本で食べるうどんより値段が高くなる。「また食べに来たい」というお客さんが多いことは、ジャカルタでは美味しい料理にお金を掛ける人が増えてきたことを物語っている。
釜揚げうどん てんぷらもたっぷり


何が起こるかわかからない怖さ
 3年前にインドネシア進出を決めて以来、この日の開店を一番喜んでいるのは海外事業推進マネージャーの近藤肇さんだろう。インドネシア最大のピザチェーン「ピザハット」を運営する製粉会社のオーナーと合弁会社を設立し協力を仰いだ。うどんの生地を作る小麦粉はインドネシアとオーストラリア産を混ぜている。食材もインドネシアで調達することに努めた。豚肉は使わないが、一部の調味料にムスリムが嫌う豚のエキスが混じっていることが分かり使用を止めたという。うどんは国によりストライクゾーンが違うので、インドネシアでは細くて少し柔らかい麺が好まれる。美味しいうどんを作るには良質の水が大量に必要だ。その水を安定供給するのに日本では考えられないコストがかかったという。
 1月中旬にモスクワ店がオープンしたが、本当はジャカルタが先のはずだった。許可や工事の遅れで先を越されてしまった。オープンの当日を迎えても注文した食材の到着が遅れ、一部しか入荷してこなかった。ヒヤヒヤしながら初日の壁は何とか超えられたが、先は長くどんなトラブルに巻き込まれるか分からないので、まったく気が抜けない。それでも他の国に比べまじめで性格が明るく、楽しそうに働いているインドネシアの従業員に寄せる期待は大きいという。

うどんを世界中に
 30人ほどの従業員は高校を卒業したばかりの18歳から20歳代前半が多く、女性は頭にジルバッブを付けている。食べたことのなかった料理を暑い厨房の中で黙々と作り、空き時間に椅子や床や換気口を丁寧に磨くなど、店の隅々まで清潔に保つことの大切さを認識している。より美味しいうどんをお客さんに気持ち良く食べてもらいたいという気持ちが伝わってきて、私も胸が熱くなった。

てんぷらを揚げる女性 インドネシアのうどん職人

マネージャークラスの6人は日本で3週間の実地訓練を経験した。一人で何でもできるおばちゃんが少人数で店を切り盛りしている姿を見て驚いたという。
 現在、丸亀製麺は日本の全都道府県に680の店があり、2年半前にハワイで開店して以来、海外にも6ヵ国20店舗ある。粟田貴也社長の経営方針は、「成功とは日本人より現地の人に食べてもらうこと」という。
 「うどんはどんな国でも受け入れられる日本食。インドネシアで数十店開店できれば、次はイスラム圏への進出が目標。世界中の人にうどんを食べてもらいたい。」と近藤さんは話す。
スポンサーサイト
2012-10-26

インドネシア便り39回 インドネシアでミニスカートが禁止?

 インドネシアでミニスカーとの着用が全面禁止になるという話題が波紋を呼んでいる。露出度の高い女性のミニスカートは男性の性欲を刺激し性犯罪を誘発していると宗教大臣が発言し、政府は来年5月から観光客の多いバリ島や各地の伝統衣装を除きミニスカートを禁止する方針を打ち出した。
 約2億人という世界最大のイスラム教徒を抱えるインドネシアだが、イスラムの戒律は厳しいとはいえない。コンビニでも国産のビールは販売されているし、都市化が進むとともに1日5回のお祈りをする人も徐々に減っている。体の線がはっきりするTシャツや肌を見せる女性の服装もふつうに見られる。
 一方でイスラム強硬派が政治や社会に関与することもある。「異性に肌を見せてはいけない」という教えに基づき、2年前から公立校では女子の制服のスカートの長さが長くなった。今年6月に予定されていた米女性歌手レディ・ガガのジャカルタ公演が、「社会・文化的に悪影響をもたらす」「国家の道徳を脅かす」などの理由で中止に追い込まれるようなこともある。
 しかし常夏の気候でミニスカートを禁止したら暑くてたまらないというおばさんや私服まで長いスカートになったらインドネシアの街からファッションがなくなるという女子高生など女性からの反対意見も多い。ジャカルタ発日本式アイドルグループJKT48など女性歌手はどうなるのだろうと心配する男性もいる。
2008年国会で露出度の高い映像や表現が禁止された「反ポルノ法」が可決されたあとも、映画や雑誌では過激な表現も黙認されている。そもそも法にゆるいインドネシアで、そんな時代に逆行する法律が徹底できるわけがないと楽観視している人も多いようだ。

ロングスカートの女子高生たち
2012-02-02

インドネシア便り36回 AKB48の姉妹グループJKT48誕生

 外国の最新の音楽から民族舞踊まで、インドネシア人は歌や踊りが大好きだ。歌手の層は厚く、アイドルといえども美貌に加え実力が伴わないと通用しない。トップクラスの歌手は国内だけでなく、インドネシア語が通じるマレーシアやシンガポールなどでも人気が高い。

 そんなインドネシアで、日本のアイドルAKB48の海外初の姉妹グループJKT48が誕生した(JKTはジャカルタの略)。

 昨年9月、約1200人の応募者の中から書類選考と面接で51人が選ばれ、ダンスと歌の訓練が始まった。多くはふつうの家庭で育った子で、昼間は学校に通い、夕方からの週4回の練習に励んだ。そこには娘の夢を叶えさせるため、車で片道2時間以上かけ送迎する母親の姿も多く見られた。

087 JKT48第一期生決定
JKT48第一期生決定

 10月にはAKBの高橋みなみさんの握手会がジャカルタで開かれ、会場に200人以上のファンが集まった。中には他の町から飛行機に乗って来たり、シンガポールまでAKBのコンサートを見に行ったというお揃いのTシャツを着た熱烈なファンも複数混じっていた。高橋さんはJKTの練習場に現れ、「いつか同じ舞台に立ちましょう。待っていますよ」と激励した。

 11月には総合プロデューサーの秋元康さんらがジャカルタに来て最終選考があり、12歳から20歳まで28名のJKT48の第1期生が決定した。

 秋元さんは、「ジャカルタには初めて来ましたが、インドネシアの子たちの歌や踊りのうまさに驚きました。インドネシアのパワーを感じたので、うまくいきそうな手ごたえがあります」と、自信を見せた。

 バンドン出身のメロディさんは、「いつか日本に行き、AKBと一緒にステージに立ちたい」、最年少のナビラさんは「世界の舞台に立てる歌手になりたい」、両親が日本人のレナさんは「日本とインドネシアの懸け橋になり、私たちの歌でみんなを元気にしたい」などと抱負を語った。

128 最年少のナビラさんとレナさん(右)
最年少のナビラさんとレナさん(右)

 しかしJKT48誕生のニュースはインドネシア国内ではあまり報道されなかった。同じ頃、韓国のグループ2PMのコンサートが開かれた。2万円もする特等席を含め、インターネット販売のチケットは発売15分で売り切れたという。舞台に登場すると女性が総立ちになり、韓国語で一緒に歌い続け興奮は頂点に達した。「歌のうまいグループはインドネシアにも多いけど、激しい踊りもできる本物のアイドルです」とファンは言い、芸能ニュースは2PMを大きく扱った。

029 2PMのコンサート
2PMのコンサート

 秋元さんは、「韓国のグループとは比較できません。AKBやJKTはデビューからスターになる成長の過程をファンが一緒に楽しむ身近なアイドルなのです」と言っていた。

 12月にJKT48はポカリスエットのテレビCMに初登場し、初めて民放の公開歌番組に出演した。みんな初めてのステージに立つ前はとても緊張していたが、AKBのヒット曲「ヘビー・ローテーション」をインドネシア語で歌い元気に踊った。

JKT48練習風景
JKT48練習風景

 その後、日本でAKBと共演することになった。「こんなに早く日本の舞台に立つ夢がかなっていいのでしょうか」と驚いたメンバーも多かったが、AKB48の紅白対抗歌合戦に出演した。
そして大晦日のNHK紅白歌合戦に出場することになり、AKBが歌う後ろで踊り、「がんばれ日本」の人文字も作った。

 デビューからとんとん拍子で日本での知名度も高まったが、今後はインドネシアでの活躍が期待される。2月末にはAKB48がジャカルタを訪れ、JKT48と同じステージに立つ。

2011-02-25

2011年1月16日第32回 羽田からジャカルタまで乗ったエアアジア

マレーシアの格安航空エアアジアが昨年12月9日から日本に就航し、ひと月あまりたった。これまで何度もインドネシア国内外で利用しているので、東京・羽田発クアラルンプール経由ジャカルタ行きのエアアジアにも乗ってみた。

チケットはインターネットで

 エアアジア(D7 2653便)は10月21日に開港した羽田空港の新しい国際線ターミナルから23時45分に出発する。東京の都心で夕食を終えた後でも、国内各地から夜の便で到着しても乗り継げる時間だ。エアアジア以外にも深夜に発着する国際線の便は多く、ターミナルは賑わっていた。都心から京浜急行や東京モノレールに乗れば30分ほどしか、かからない。そのため飛行機の利用客だけでなく、仕事帰りに空港見物に来ている人たちも混じっているようだ。

 エアアジアのチケットはインターネットから予約し、クレジットカードで支払い、メールで送られてくる予約済みの添付ファイルをプリントアウトする。私が搭乗のひと月前に購入した羽田からジャカルタまでの料金は2万3433円。エアアジアは燃油サーチャージを徴収せず、チケットに羽田やクアラルンプールの空港使用料金は含まれている。機内持ち込みの手荷物だけだとこの料金で済むが、預け入れ荷物は別料金なので2300円(15kg以内)が加算された。他に事前の座席指定や機内食などを予約すれば追加料金がかかる。

新しい羽田空港から出発 

1月16日、私はターミナル3階の出国エリアで、出発の1時間半ほど前にチェックインした。カウンターでプリントアウトしたチケットを提示し、窓側後方という座席の希望を聞いてもらえた。荷物はジャカルタまで直送されるが、乗客はクアラルンプール空港で入国手続き、ジャカルタ行きのチェックイン、出国手続きをしなければならない。
 チェックインを済ませた後、4階の「江戸小路」を見て歩いた。江戸情緒が味わえる町並みでは、外国人だけでなく日本人も写真を撮っている。5階の「東京ポップタウン」にはアニメグッズの販売店やプラネタリウムがあり、屋外の展望デッキからは発着する機体や美しい夜景を一望できる。羽田空港の国際線ターミナルは、成田空港や関西空港に比べ規模は小さいが見どころは多い。

 3階に戻り出国審査を済ませ搭乗口に向かった。免税店や売店を通り、どの搭乗口にも歩いて行けるのがよい。搭乗口からはバスで飛行機まで移動した。ボーディングブリッジを使用しないのは、経費を節約しているからだ。機種はエアバスA330-300型機で、近くで見るとかなり大きい。機体は新しく清潔で、座席数は水平に座席が倒せるというプレミア・フラットベットシートが12席、エコノミーが365席、革張りで赤とグレーの②色で統一されている。エコノミー座席に座ってみると、座席の幅や前の座席との間隔は問題ないが、リクライニングの角度が小さいのが気になった。

食事は機内販売 

座席は9割ほどの乗客で埋まっているが、日本発の便にしては外国人が目立つ。客室乗務員の中には日本人女性も1人いて、英語、日本語、マレー語でのアナウンスがあった。出発が遅れ気味とも聞いていたが、当日は定刻より10分ほど早く23時35分に出発し、誘導路の走行は短く、新しいD滑走路からすぐ離陸した。

羽田からクアラルンプールまでの、エアバスA330-300型機


 離陸直後、東京の夜景が眼下に広がった。成田空港と違い都心にある空港ならではの景色で、小さな東京タワーも見えた。これまで各国の多くの空港から飛び立ち様々な夜景を見てきたが、世界一と言ってもいい美しい眺めだ。その後も横浜、湘南、伊豆半島などの景色と過去の思い出が交錯し、うっとりさせられた。

 しばらくしてシートベルト着用のサインが消え、機内販売が始まった。機内食も飲み物も航空運賃に含まれていないため、必要な乗客は乗務員から購入する。メニューは座席のポケットにあり、支払いは日本円でもできる。しかし深夜のフライトのため、利用している乗客はあまりないようだ。機内では映画の上映も音楽放送もないので、寝ている乗客が多い。私も夜景が見えなくなると、深い眠りについた。

A330-300型機のエコノミークラス

格安航空専用ターミナル 

クアラプンプールまでの飛行時間は8時間足らず、定刻通り早朝の6時30分(マレーシア時間)に到着した。外はまだ暗いが、気温は25℃、冬の日本とは20℃も差がある。エアアジアが発着するLCCターミナルは格安航空専用で、メインのターミナルからは車で15分ほど離れている。お金をかけた建物ではないが機能的だ。10分ほどで入国審査を済ませ、荷物を引き取る必要がなかったのですぐに外に出た。多くの飲食店が並んでいて、7時前というのにかなり賑わっていた。日本円からマレーシアリンギットへの両替レートは、国際線到着口より歩いてすぐの国内線出発口に近い銀行の方がよかった。

国際線カウンターでジャカルタ行き(QZ7891便)のチェックインをした。隣のカウンターにはバリ行きの便を利用する日本人が並んでいる。インドネシアのビザがありますかと聞かれた。インドネシアの空港で到着ビザを取得する場合は出国チケットが必要だ。9時50分の出発まで2時間半くらいあったので、ゆっくり朝食を食べることができた。

出国審査を済ませ待合室で待っていると、定刻の30分も前に搭乗開始のアナウンスがあった。機種はエアバスA320-200型機なので、エコノミー180座席と少々小さいが、機体は日本線と同じように新しい。乗客は7割ほどで、定刻の10分前に出発した。ジャカルタまで2時間のフライトはあっという間で、10時50分(ジャカルタ時間)に到着。乗客が飛行機から降りた後、乗務員がほうきで機内を掃除していた。頭が下がる思いだった。

クアラルンプールからジャカルタまでの、エアバスA320-200型機


選択肢が増えた

日本航空やガルーダ航空に続き、今年1月7日から全日空も成田を早朝出発しジャカルタに昼過ぎに到着する直行便を就航させた。エアアジアは2月6日まで早いもの勝ちで、「7~9月の東京-ジャカルタ間が片道1万7000円から」という特売セールを始めた。これまでなかった、いろいろな選択肢が増えていることは喜ばしいことだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。